湯灌の儀について

湯灌の儀について

長崎家族葬専用斎場アイエムホールの「小さな小さい家族葬」は、一般的に他社ではオプションとなる事が多い「湯灌の儀」をセットにしております。
当社の「湯灌の儀」では、当社専門の湯灌納棺師がご遺体を拭き清め、きれいにお化粧を施し納棺します。九州トップクラスの実績を誇る経験豊富な湯灌納棺師が対応いたしますので安心してお任せいただけます。

湯灌の儀とは

湯灌の儀とは?

「湯灌(ゆかん)の儀」は故人のご遺体を棺へ納める前に、故人の体を清め仏衣などに着替える儀式です。
基本としては逆さ水で肌を清め、白装束を着せたのち、男性は髭をそり、女性は死に化粧を施して棺に納棺するという儀式をいいます。

  • 〇逆さ水とは…故人様の体を洗う際、桶やたらいなどに先に水を入れてから湯を注ぐことをいいます。通常は先にお湯を入れてから水を入れ、適度な温度に調整しますが、その逆をするためこう呼ばれています。
  • 〇白装束とは…葬儀の際に亡くなった方に着せる白い衣装のことです。日本では人生の通過儀礼において産着や結婚式の白無垢姿など、「白」を着用しますが、死も生まれ変わる機会と捉え、白は新たな始まりを象徴しているといわれております。また、浄土へと向かう旅支度ともされています。
  • 〇死に化粧とは…葬儀にあたって故人様の顔や頭を整えることをいいます。男性は髭をそり、女性は薄化粧をして紅をさします。

湯灌の儀の役割

1.宗教的儀式として
生前の悩みや苦しみを洗い流し、清らかな身になり、浄土への旅立ちの準備を整えるという宗教的な意味合いがあるといわれています。生まれ変わりのための産湯として、「幸せな来世を願う」という意味も込められています。
2.故人を労り遺族を癒す儀式として
一日の疲れや汚れを落とす習慣のように、一生を終えた故人に対しても「最後の入浴」として身体を清める儀式をさせ、故人を癒し労うという意味もあります。
3.衛生的に保つための処置として
日本では基本的に人が亡くなってから24時間以内の火葬が禁止されています。逝去から火葬までの間、ご遺体の状態は変化することがあり、体液や血液が流れ出ることもあります。これらをきれいに清め、ご遺体を衛生的に保つための処置としての役割もあります。

アイエムの湯灌納棺師

湯灌納棺師は、2008年に公開された映画「おくりびと」でも脚光を浴びた仕事です。「おくりびと」ともいわれる湯灌納棺師。湯灌納棺師は、亡くなった方を天国に送り届けるためのお手伝いをする仕事です。主にご遺体の湯灌や納棺などを行います。なお、湯灌納棺師は「湯灌師」「納棺師」のように分けて呼ばれることもありますが、明確な呼び方の決まりはありません。基本的にはどちらの作業も行うことが一般的であり、葬儀に納棺師と湯灌師がそれぞれ呼ばれるケースはほとんどありません。
アイエムの湯灌の儀では、九州トップクラスの実績を誇るアイエム専門の湯灌納棺師が湯灌・納棺両方を行い、ご遺族の心に寄り添い、丁寧にご遺体を清め、納棺いたします。

アイエムの湯灌納棺師

湯灌の内容と作業の流れ

次に湯灌の儀の流れをご説明いたします。

01.槽の準備


まず家族葬専用斎場内のお部屋に専用の槽を用意し、準備に入ります。

02.マッサージ


ご遺体の全身をマッサージし、死後硬直をほぐしていきます。

03.ご遺体の移動


ご遺体を槽に移動させます。肌を見せぬようタオルをかけて移動します。

04.口上


湯灌納棺師から、ご遺族へ湯灌の儀についての説明をいたします。

05.お清め


ご遺体をお湯でお清めしていきます。通常のお風呂よりもやや低めの温度に設定し、足元から胸元へとお湯をかけていきます。

06.顔・髪のお手入れ


洗顔・顔剃り・洗髪などのお手入れをしていきます。

07.全身のお清め


シャワーで全身を洗い清めていきます。

08.アロマ


ご遺族のご依頼でアロマで香り付けをすることもあります。

09.着付けと化粧


お清めが完了したあとは、着付けと化粧を施します。同時に、髪のセットも行います。

10.納棺


湯灌の儀を終えたあとは、納棺を行います。葬儀や出棺の準備を整え、完了です。

長崎家族葬専用斎場「アイエムホール」にはご逝去から納棺までの間に、ご自宅に安置できない皆さまのために専用のご遺体安置ホテルがございます。ご遺体を預けている間は、役所手続きやご家族の支度時間にあてることができます。どうぞご利用ください。

今、増加する規模を小さくした葬儀、家族葬

少子高齢化が進む中、「人生100年時代」ともいわれるように長生きをする人が増えてきました。
長く生きるということはそれだけ老後が長くなるということでもあり、老後の生活費や介護・医療費などの負担も増すことになります。そのような経済的な苦しさから、葬儀にお金をかけられないとして直葬を選ぶ人が増えています。

また核家族化が進み、さらにはプライバシーが重視されるようになる中で、家族関係や親戚付き合い、近所付き合いも希薄になり、参列者がいないということも直葬を選ぶ理由となっているようです。

増加する規模を小さくした葬儀、家族葬

アイエムの家族葬は、湯灌の儀もプラン内でおこないます

「長崎家族葬専用斎場アイエムホール」では、「小さな小さい家族葬」というシンプルでコンパクトな家族葬プランをご提供しています。


アイエムホールの小さな小さい家族葬

188,000円(税込)


長崎家族葬専用斎場アイエムホールの「小さな小さい家族葬」はお通夜・告別式を行わない直葬形式の葬儀になりますが、短い時間の中でも満足のいくお別れができる充実の内容です。

アイエムの家族葬の特長は、当社専門の湯灌納棺師がご遺体を拭き清めきれいにお化粧を施す「湯灌の儀」を行います。一般的に湯灌サービスは追加オプションとなることが多いですが、「小さな小さい家族葬」ではプラン内容に含まれております。
また、個人とのお別れをおこなう場所は、安置ルームと白木祭壇の2種類からお選びいただくことができ、白木の位牌や枕飾り、棺の上に飾る豪華な花束もご用意するなど、費用を安価に抑えながらも標準クラス以上の内容となっています。
寝台車でのお迎えは昼夜を問わず対応、お棺から骨壺、霊柩車やお線香の手配まで必要なものはすべて含んでおり、ご遺族にご負担をおかけしません。もちろん火葬のお手続きもお任せください。ご遺族様にはバス・トイレ完備の宿泊できる控室をご用意しており、最後のお別れの時間をごゆっくりお過ごしいただけます。

必要なものを厳選して揃え、なおかつ装飾品等は高品質なものを使用しながら低価格に抑えたプランです。湯灌サービスまで含めた料金となっており、入会金や追加料金は不要です。

アイエムの小さな小さい家族葬
白木祭壇
家族葬専用斎場アイエムの小さな小さい家族葬
詳しいプラン内容はこちら

湯灌の儀もプラン内に含まれる直葬のイメージを覆すアイエムの家族葬

本当に必要なものだけを厳選することで低価格を実現しつつ、内容には妥協せず高品質なサービスを提供するのがアイエムの家族葬です。
家族葬にはご家族だけでゆっくりお別れができること、またコロナ禍でも安心してお葬式ができるというメリットがあります。
直葬は味気ないと思われる方も多いかもしれませんが、そうした方にこそぜひご検討いただきたいプランです。

プラン内容の詳細へ

葬儀、家族葬のことなら「長崎家族葬専用斎場」
(株式会社アイエム)にお任せください。


24時間365日、深夜、急な際にも対応しておりますので、安心してご連絡ください。
また、事前の相談・資料もご用意しておりますのでどうぞお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-905-953