直葬(火葬式)について

長崎家族葬専用斎場アイエムホールでは、直葬(火葬式)という形での「小さな小さい家族葬」を中心にご葬儀を行っております。
近年増加傾向にある直葬ですが、一般葬と比べて簡略化されたものというイメージが強く、躊躇(ちゅうちょ)してしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、直葬とは一体どのようなものなのか、詳しく解説していきます。

直葬(火葬式)について

そもそも直葬とは?

直葬(火葬式)というと、ご遺体をすぐに火葬場にお運びして火葬するもの、と考えている方も多いかもしれませんが、実はそうではありません。日本では法律上、故人様が亡くなられてから24時間を経過しないと火葬ができないことになっています。従って、直葬の場合もまずはご遺体を24時間安置し、その後、荼毘(だび)にふすということになります。

それに加えて参列者を広く招いてお通夜や告別式を行うのが一般葬です。直葬はこのようなセレモニーを一切行わずコンパクトな形で行われるご葬儀ですが、きちんとお別れのための時間も設けられており、単に火葬するだけという味気ないものではありません。

直葬と類似したものに家族葬があります。家族葬は、一般葬と同じくお通夜・告別式・火葬という流れで行われますが、参列者は家族・親族等故人様とごく親しい方のみに限られるのが特徴です。家族葬では多くの参列者に気を遣うことなく、ゆっくりとお別れの時間を取ることができるのがメリットです。

その他に小規模のお葬式としては、お通夜を行わずに葬儀・告別式・火葬を1日で行う一日葬、後に本葬(お別れ会)を行うことを前提に家族等少人数で行う密葬があります。

そもそも直葬とは

ご逝去後、直葬の流れについて

故人様が病院で亡くなられた場合、まずは葬儀社に連絡してご遺体を安置場所へ搬送します。ご自宅に安置する場合もありますが、集合住宅等で難しい場合は葬儀社が安置場所を提供します。

先に述べた通りご遺体はご逝去から24時間安置する必要がありますが、その間に役場への手続きをしなくてはなりません。まずは医師に死亡診断書を作成してもらい、死亡届と一緒に市区町村役場に提出します。火葬を行うためには役場が発行する火葬許可証が必要ですが、そのためには死亡届死亡診断書を提出する必要があります。

ご逝去から24時間たちましたら、ご遺体を納棺し、思い思いのお別れをおこなってから(通夜・告別式をおこなわずに)出棺となります。

直葬の流れ

01.ご逝去後、葬儀社に電話

02.ご遺体を安置する
(逝去から24時間)

03.医師に死亡診断書をもらい、
役所に死亡届とともに提出。

04.火葬許可書の発行と受け取り

05.故人様を納棺、ご家族や親しい人でお別れ後、出棺

長崎家族葬専用斎場「アイエムホール」にはご自宅に安置できない皆さまのために専用のご遺体安置ホテルがございます。
ご遺体を預けている間は、役所手続きやご家族の支度時間にあてることができます。どうぞご利用ください。

直葬のメリット・デメリット

メリット

直葬の特徴はお通夜や告別式を行わないことにありますが、そのため費用が安価に済むのが大きなメリットです。一般葬に比べると4分の1程度の予算で済むといわれていますが、その最大の理由は多くの参列者にふるまう飲食の費用が掛からないことです。その他に安置の時間が短くなることや祭壇のしつらえ、受付などの人員確保も不要になるので予算は大幅に縮小できます。また、多くの参列者が訪れる一般葬では遺族はその対応に追われ、心身ともに疲弊してしまうこともありますが、直葬であればそういったことはありません。香典返しの心配もなく、遺族の負担は大きく軽減されます。

デメリット

一方、直葬ではお通夜や告別式等一切のセレモニーを行わないため、親族や関係者などと語らい故人様の生前に思いをはせ、手を合わせて祈るという時間はありません。
また、お通夜や告別式は家族以外の関係者にとっても最後のお別れの機会となりますが、直葬では直接お別れができるのは家族とごく親しい人だけとなります。そのため、故人に生前お世話になった人や遠い親戚などから不満の声が上がることもあるかもしれません。

今、増加する規模を小さくした葬儀、家族葬

少子高齢化が進む中、「人生100年時代」ともいわれるように長生きをする人が増えてきました。
長く生きるということはそれだけ老後が長くなるということでもあり、老後の生活費や介護・医療費などの負担も増すことになります。そのような経済的な苦しさから、葬儀にお金をかけられないとして直葬を選ぶ人が増えています。

また核家族化が進み、さらにはプライバシーが重視されるようになる中で、家族関係や親戚付き合い、近所付き合いも希薄になり、参列者がいないということも直葬を選ぶ理由となっているようです。

増加する規模を小さくした葬儀、家族葬

直葬はなぜ選ばれているのか?

鎌倉新書が行った第4回お葬式に関する全国調査(2020年3月)によると、全国のお葬式で最も多いのは一般葬で48.9%、家族葬が40.9%となっており、直葬は4.9%でした。
一般葬・家族葬に比べるとかなり少ないものの、都市部に限ってみると直葬は約20%と全国平均を大幅に上回っており、特に都会では直葬が多い傾向が読み取れ、2013年には関東では5件に1件が直葬を選ばれるとNHKでも報道されました。
※参照:鎌倉新書(https://www.e-sogi.com/guide/29463/)
   :NHK生活情報ブログ(https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/800/152205.html)


直葬はなぜ選ばれているのか?

近年増加しつつあるといわれている直葬ですが、その理由はどこにあるのか見ていきましょう。

葬儀費用を抑えられる

1.葬儀費用を抑えられる

直葬のメリットとして費用が安価であると説明しましたが、逆にいうと一般葬では多額の費用が掛かります。
鎌倉新書調べ(2020年)によりますと、葬儀を行って「一番後悔したこと」に一番多くあげられた事項が葬儀の価格やお布施など「お金」に関することでした。葬儀というのは一般的に急なものですが、急に多額のお金を用意するというのは大変です。そのため少ない費用で済む直葬が注目されるのは当然の流れといえるでしょう。
※参照:鎌倉新書(https://www.e-sogi.com/guide/29463/)

コロナ禍

2.コロナ禍での葬儀

コロナ禍においては感染拡大を防ぐため、大勢の人が一カ所に集まる「密」を避け、人と人との距離をあけるソーシャルディスタンスが推奨されています。
しかし一般葬では大勢の参列者が葬儀会場に集まるため、密が生じてしまい危険です。こうした事態を避けるために、参列者を呼ばない直葬や家族葬といったごく少人数での葬儀を選ぶ人が増えています。

3.終活の中での選択

人生100年時代を迎え、人生の終わりについて真剣に考える人が増えてきました。その中で生まれたのが「終活」という言葉です。
終活とは人生のエンディングをどう生きるか、そして自分の死後について考えることです。終活の一番の目的は自分らしく生きることですが、その中には家族に迷惑を掛けたくないという気持ちも含まれます。
金銭的・精神的な負担の少ない直葬を希望するのは、そうした想いが背景にあります。

アイエムの家族葬は直葬・火葬式プランが基本です

「長崎家族葬専用斎場アイエムホール」では、「小さな小さい家族葬」というシンプルでコンパクトな家族葬プランをご提供しています。


アイエムホールの小さな小さい家族葬

188,000円(税込)


長崎家族葬専用斎場アイエムホールの「小さな小さい家族葬」はお通夜・告別式を行わない直葬形式の葬儀になりますが、短い時間の中でも満足のいくお別れができる充実の内容です。

アイエムの家族葬の特長は、当社専門の湯灌納棺師がご遺体を拭き清めきれいにお化粧を施す「湯灌の儀」を行います。一般的に湯灌サービスは追加オプションとなることが多いですが、「小さな小さい家族葬」ではプラン内容に含まれております。
また、個人とのお別れをおこなう場所は、安置ルームと白木祭壇の2種類からお選びいただくことができ、白木の位牌や枕飾り、棺の上に飾る豪華な花束もご用意するなど、費用を安価に抑えながらも標準クラス以上の内容となっています。
寝台車でのお迎えは昼夜を問わず対応、お棺から骨壺、霊柩車やお線香の手配まで必要なものはすべて含んでおり、ご遺族にご負担をおかけしません。もちろん火葬のお手続きもお任せください。ご遺族様にはバス・トイレ完備の宿泊できる控室をご用意しており、最後のお別れの時間をごゆっくりお過ごしいただけます。

必要なものを厳選して揃え、なおかつ装飾品等は高品質なものを使用しながら低価格に抑えたプランです。湯灌サービスまで含めた料金となっており、入会金や追加料金は不要です。

小さな小さい家族葬
白木祭壇

低価格でも高品質な葬儀を・直葬のイメージを覆すアイエムの家族葬

本当に必要なものだけを厳選することで低価格を実現しつつ、内容には妥協せず高品質なサービスを提供するのがアイエムの家族葬です。
家族葬にはご家族だけでゆっくりお別れができること、またコロナ禍でも安心してお葬式ができるというメリットがあります。
直葬は味気ないと思われる方も多いかもしれませんが、そうした方にこそぜひご検討いただきたいプランです。

プラン内容の詳細へ

葬儀、家族葬のことなら「長崎家族葬専用斎場」
(株式会社アイエム)にお任せください。


24時間365日、深夜、急な際にも対応しておりますので、安心してご連絡ください。
また、事前の相談・資料もご用意しておりますのでどうぞお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-905-953